貸した側も借りた側も双方が負担を軽減

キャッシングを申し込む時に、どの金融会社を利用するのかで規制が変わってきます。
クレジット会社のキャッシングか、銀行系のキャッシングか、消費者金融のキャッシングなのかでキャッシングの限度額や金利などが変わります。

クレジットカード会社系列や、信販会社、消費者金融会社など保証人無しで担保無し、個人向けのキャッシングは、貸金業法の法律にもとづいて総量規制の対象に成ります。
年収の3分の1までが、その人への貸付限度額と成り、金利は20パーセントが上限と法で規制されています。
かつまた、他の貸金業者の現存する貸付金額が他社からの貸付金も含めて、年収の3分の1以上にならないように法で規制して有ります。

このキャッシング規制の良い点は、個人がやたらと大きな貸付を受けて、返済倒れに成らないように規制が入っているところです。
これは金融会社、クレジット会社や消費者金融会社にとっても良い点で、貸し倒れや焦げ付きを防ぎ、貸した側も借りた側も双方が負担を軽減できると言う点です。

貸金業者は契約時に締結した期日と返済額を納めてもらう事により、利益が上がり、貸付を受けた側は納得した金利と元本を偏差視する事によって、自分自身の金融との付き合いの十背をレコードとして残せます。

金融会社とのお付き合いは信用が第一で、貸付を受けたことがある経験と返済の実績がある顧客には、喜んで有利な条件で貸付を致します。それが金融や貸金業者のビジネスなのです。

銀行系列のキャッシングは総量規制の対象外で、貸金業の総量規制には触れませんが、保証人や担保の有無など、他の金融業とは審査の点は異なります。
銀行系列でのキャッシングは、総量規制外です。

銀行系のキャッシング審査は、消費者金融や信販会社の審査と変わりはありません。あなたがその銀行に口座を持っているのか、もしくは定期預金があるかなど、あなたの経済状態を明確に出来るならば、比較的低い金利で大きな限度額の枠で貸付を受けることができます。

銀行系列のキャッシングの場合、銀行からあなたへの個人融資と言う形に成りますので、あなたの経済状態を明確にする収入証明を提出しなければ成りません。

銀行系のキャッシングは、今まで複数から借入をしていた借入金を一本にまとめて、返済の乗換えをしていくのに適しています。
金利が低く抑えて有りますから、あなたにとって大変魅力的なコンデションではないでしょうか。